K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 おもしろかったで~す!

 
 2009年の最初に観た作品は、お正月にふさわしい娯楽作品 K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝
 
 (ストーリー)
 サーカスで華麗な技を披露し、人々を魅了している曲芸師の遠藤平吉(金城武)は、
 ある日訪ねてきた紳士に高い報酬を提示され、仕事を依頼される。
 それは、財閥の令嬢・羽柴葉子(松たか子)と名探偵・明智小五郎(仲村トオル)との結納の儀に潜入し
 写真を撮ることだった。身の軽いサーカス団員の平吉なればこそできる仕事。
 迷いつつも、サーカスの経済的なこと、病弱な仲間の治療費など、頭をよぎり、
 ついに仕事を引き受け、結納の場へ侵入、写真を撮る
 だが、それは当時世を騒がせていた怪人二十面相の罠だった…
 写真を撮った瞬間に気ずかれた彼、その日から彼は怪人二十面相として追われる立場になる。
 自分を罠にはめた憎むべき本当の怪人二十面相を見つけ出し、対決する事を決めた平吉は
 仲間の協力を得て敵を倒す為、必要な修業を重ねていく。彼は身の潔白を証明できるのだろうか・・

  監 督 佐藤嗣麻子
 北村想 『完全版 怪人二十面相・伝』
 キャスト 金城武、松たか子、仲村トオル、國村隼、高島礼子、本郷奏多、今井悠貴、益岡徹、鹿賀 丈史


 これは、とても面白かったですよ~♪

 なんせあの金城武がサーカス団員とゆうのも、それだけで興味を惹くでしょう?

 クールなイメージの彼が、今回は庶民的でちょっと茶目っ気のある役で、新しい魅力を発揮

 なかなかステキですよ。特に一番見ていただきたいのは彼がビルからビルへ飛び移り

 あらゆる障害物を乗り越え、突き進んで行く場面。これも修業の一環ですが見てて爽快。

 この場面から、映画スパイダーマンやヤマカシを連想しました。

 スパイダーマンは知ってのとうり、街中を所狭しと飛び回り、悪と対決する映画、

 ヤマカシは高層ビルを登るなど常軌を逸したパフォーマンスを行っている7人組の若者達の映画です。

 なんだかこの2本の作品を思い出してしまった私です。スカッとしますよ。

 そして松たか子も、天真爛漫で純粋な世間知らずの財閥の令嬢・羽柴葉子役を好演してます。

 お嬢様だった葉子が平吉の影響で、社会観に目覚めていくところが良かったし、

 時間をかせぐ為に色じかけを企てる場面など、とても可愛いです。

 この役で金城武も松たか子も、新しい魅力を発揮してくれました。

 明智小五郎と婚約しつつも、どんどん平吉に心惹かれ、また貧しい暮らしを初めて知り

 社会観に目覚めた葉子が、どんな道を歩いて行くのか・・

 そして平吉と怪人二十面相との対決はどうなるのか・・・

 最後のほうにもビックリするよな展開が待っていますからね~!

 最初から最後までワクワクしながら、楽しめる娯楽作品です。

 原作を知らない方でも、そして一人でも、どなたと行かれても、きっと楽しめますよ~!

 ぜひごらんくださいね~!

      330914_0041

 (おまけの一言)
 怪人二十面相は今まで何度となく映画やテレビに登場していますね。
 今までだと富裕層のみをターゲットとし、美術品や骨董品をあざやかな手口で盗んでいく
 カッコイイ泥棒のイメージでしたが、今回はまた別のイメージで悪人として登場しています。
 それはそれでもおもしろいですね。
 この作品のできしだいで、また次回作もあるようですよ。楽しみです。

 

 
 

| | コメント (0)

 押尾コータロー コンサートツアー2008

 
       押尾コータロー コンサートツアー2008
先日、アコースティックギタリストの押尾コータローさんのライブに行きました。

もちろん、生は初めてです。<コンサート自体、久々だな~)

アコースチィックギターを、彼独特の奏法で弾くと、とても1人で演奏してるようには思えません。

最初テレビで見た時、まさか彼1人の演奏とは、にわかに信じられず、

他の演奏者はどこにいるのか・・探してしまいました。(笑)
 
その時から、一度見たかったライブです。 息子達と行きました。
 
行ったのは秦野市文化会館。

オープニング、幕が開き、立ったままで、右へ左へと移動しながらの演奏。
カッコイイぞ~♪  こjのノリノリの演奏で会場はかなり盛り上がりました。

その後は、オリジナル曲の演奏。信じられないくらい美しいその音色にうっとり。

この秋に公開される映画「三本木農業高校、馬術部」のテーマ曲も披露してくれました。

とっても美しい曲で…皆さんシ~ンと聴き入ってました。

 <ストーリー)
この映画は盲目の馬と少女の実話で、主役は長渕文音さん
あの長渕剛さんの お嬢さんです。
他に松方弘樹さん、柳葉敏郎さん、黒谷友香さん。。などの実力派が集結しています。
盲目の馬と少女との絆。成長を描いた感動作のようです。
と・・映画も 良さそうで、
美しい自然を舞台にしたこの作品に流れる彼の美しい曲を、映画館でもぜひ聴いてみたいと思いました。

押尾さんはサービス精神旺盛で、後半の登場は客席から・・・(赤のシャツに着替えてました)
 
会場の隅々まで行き、色々な場所でストップして演奏。
予想もしなかった展開に、私達は大喜び。目の前で見る彼の演奏にくぎずけでした。

そして彼のトークのうまさにもびっくり。
 
ウクレレ奏者のジェイク・シマブクロさんとのエピソードや、
なぜこの道に入ったかなど 笑いをまじえて、お話ししてくれました。

彼のファンは年齢的には幅広く、男女ともバランスいい感じ。

どんな音でも出しちゃう彼のギター技術・・なんと総立ちやウェ~ブもあり、

私の予想してた以上に、ファンは熱かったです。080604_22440001_2

オリジナル曲(けっこうCMとかで使われてるようです)ビートルズの曲 。。。他色々

何を演奏してもステキ! あの奏法ならではの魅力・・
気さくな人柄 ファンになっちゃうな~! とっても楽しい2時間半でした~! 

皆さんも、機会があったらぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょ~!

楽しい時間、過ごせますよ!
  

                
 (数時間前に記事をアップしたのですが、文字数が多く、はみだしてたりしたので
 削除してしまいました。もしかしてタイトル見て、来てくださった方がいたら
 大変失礼致し」ました。)

| | コメント (0)