« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

私の中のあなた  これから公開の感動作品。ぜひごらんくださいね! 

    20090723_wna_main1

11歳のアナ(アビゲイル・ブレスリン)は、白血病を患う姉・ケイトに臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれたデザインベイビーだった。彼女は、輸血や骨髄移植など様々な犠牲を強いられてきたが、ケイトの病状は一進一退。両親は遂に腎臓移植を決意するが、アナはこれを拒み、弁護士を雇い訴訟を起こす。「自分の身体は自分で守りたい」と両親を訴えるアナ。ケイトを最優先に考え、アナに迫る母親(キャメロン・ディアス)、何も出来ない父親、非行に走る兄、そしてアナの協力がなければ死んでしまう姉。アナと家族の戦いが始まった――。実話を基に著したベストセラー「わたしのなかのあなた」を原作にしたヒューマン・ドラマ

 (督督・脚本)二ック・カサヴェテス『きみに読む物語』
 (出演)キャメロン・ディアス アビゲイル・ブレスリン アレック・ボールドウィン
     ジェイソン・パトリック ソフィア・ヴァジリーヴァ ジョーン・キューザック


                            
                            cinemacafe.netより
 

白血病の姉の為に、臓器を提供とゆう重い使命を持って、生まれてきた アナ

小さい頃からの苦しい検査の連続。。

姉とは仲良しだが、いったい自分は、なんの為に生まれてきたのか。
もう自分は、姉(ケイト)の為に、手術を受けるのはいや。
そんな疑問が膨らんだアナは、両親を相手に、訴えを起こします。
母親は姉を助ける為だから、あらゆる犠牲は仕方ないとゆう想い。 
かみ合わない2人の意見  ついに裁判で争う事になります。
重いテーマですが、ユーモアのあるシーンもありますよ。
薬の副作用で髪も抜け、いつも帽子をかぶっているケイト・・
そんな彼女もまばゆいばかりの美しさで登場するシーンがあります。
それはどんなシーンかは、見てのお楽しみ。 

母親の生きてほしいとゆう気持ちがわかるケイトですが、本人はいったいどう思っているのでしょう?

その答えも、すべて最後にあきらかになります。
どんな時でも笑顔を忘れないケイトの姿に、きっとあなたは涙するかもしれません。
そう思ったら、毎日を大切に過ごしてくださいね。
当たり前のように明日を、そしてそれに続くあさってを迎えられる事に感謝してください。
暇だな~とか、お金がないから休みもつまんないとか。。(あら。。私が思ってることだ・・・笑)
そんな事は思わず、生きてる事だけでもありがたい・・そう思って頑張りましょう!
いえ、きっとそう思わなくても、そうゆう気持ちにさせてくれる作品です。
姉妹を演じてる2人の演技もすばらしいですし、テーマもある内容です。
美しいキャメロン・ディアスが初の母親役を、ほぼノ-メークで演じてるのにも注目ですよ。
これから公開ですので、このへんでやめておきます。
ぜひごらんくださいね。
  
  (おまけの一言)
キャメロン・ディアス、初めて彼女を映画で見たのは、マスク
金髪のロングヘアーをなびかせ、登場するの。
そこが確かスローモーションになってて
きれいな人~と思いました。スタイル抜群だし・・
今回はほぼ素顔で熱演。リアリティーをだしてます。役者はこうでなくちゃね。

昔、ドラマで寝起きなのにアイメークしてる女優さんがいて、びっくりしましたけど~(笑)
そんなところも見てほしいですね。


                                                  

| | コメント (0)

HACHI 約束の犬 ひたむきなその姿に、胸がいっぱい!

                                     332771_0041                                                                      

かわいいねdog heart   ハチ いつもおむかえ、ありがとう

ストーリー
アメリカ東海岸。郊外のベッドリッジ駅で寒い冬の夜に、大学教授のパーカー・ウィルソンは迷い犬になった秋田犬の子犬を保護した。妻ケイトの反対を押し切って、飼い主が現れるまで子犬を飼うことにしたパーカーは、子犬の首輪のタグに刻まれていた漢字から、ハチと名づける。パーカーの愛情を受けてすくすくと成長していったハチは、やがて朝は駅まで見送りに行き、夜は迎えに行くようになっていく。
 監督 ラッセ・ハルストレム

 出演  リチャード・ギア ジョーン・アレン  サラ・ローマー
     ケイリー=ヒロユキ・タガワ  ジェイソン・アレクサンダー
                                 goo映画より

    

もう、これはいうまでもありません。あの忠犬ハチ公のハリウッドリメイク作品。

犬が亡くなった飼い主を、駅前でいつまでも待ち続けるとゆう、シンプルなストーリー。

それなのになんでこんなにも心を打つのでしょうかね~!

人間同士でもなかなか信頼し合えない今の社会、こんなにも想い続けてくれる存在がいるとこと

そのゆるぎない忠誠心に、ぐっとくるのかもしれません。

ただ、映画の中で、教授の死にハチは立ち合っていません。大学で倒れ、家に戻った時も

埋葬の時も。。どのシーンにもハチはいませんでした。

利口なハチ。もし、その場に立ち合わせて、物言わぬ教授を確認できたなら、

駅前で何年も教授を待つこともなかったのに。。な~んて勝手に思ってしまいました。

もっともそうだったら、この物語はないわけですけど・・(笑)                   

そんなつっこみも何もかも、吹き飛ばしてくれる犬の演技。すごく可愛い~!

娘夫婦の家から逃げ出し、いつもの時間に駅へ向かうハチ それを認め自由にさせ見守る教授の家族

街の人々 だんだん、年を重ね老いてゆくハチ 可愛いハチ

もう、このあたりから涙腺がゆるんできます。前の女の子が一生懸命泣くのを我慢してます。

周囲の人も同じく、しきりとメガネに手をやったりしてるので、同じ状態なのがわかります(笑)

私も我慢したのですが、ダメでしたね~。

誰もが可愛いハチに心打たれ、最後は泣いちゃうでしょうね。あ~可愛い!

どんなワンちゃんも可愛いですが、秋田県も本当に可愛いですね。

ボール拾いとかはあまりやらない犬種のようで、映画の中では教えてももやりません。

それなのに、教授が倒れる日、出かけようとすると、ボールをくわえて投げろと催促

まるで何かを感じ、教授に行くな。。そう言ってるようなの。 なんとも可愛らしく切ないシーン

どのハチも可愛いけど、私は年をとった時のハチが一番好き!
          0032_2                

映画が終わった時、ハチに心の中で言いました。「ハチ、やっと教授に会えたのね」って・・

シンプルながらとても心が温かくなる作品です。ぜひごらんくださいね。


(おまけの一言)
今、ペットと暮らしている幸せな皆様 あなたがいなくなったら、ペットはどんなに悲しむでしょう。
健康に気をつけて。1日でも長く、共にいてあげてくださいね!
そして今のかけがえのない時間を大切に!

| | コメント (0)

アマルフィ 女神の報酬 風景も歌も楽しめました~!

クリスマス目前のローマ。G8に出席する川越外務大臣のイタリア訪問準備でバタバタの日本大使館に、
外交官・黒田康作が赴任する。秘密裏にG8テロ対策の命を帯びる黒田だったが、赴任直後に任されたのは日本人少女失踪事件の通訳。
しかし犯人から少女の母・紗江子の元にかかってきた電話を受け、成り行きで父親だと名乗ってしまったことから、紗江子の“偽りの夫”として事件に深く関与することに。誘拐犯との身代金取引が違法の国で、黒田と紗江子はあえて犯人に指定された取引に応じるが…。

   キャスト・スタッフ                                                               (監督) 西谷弘   (源作) 真保裕一 (主題歌)サラ・ブライトマン (出演) 織田裕二  天海祐希  戸田恵梨香  佐藤浩市  サラ・ブライトマン 福山雅治

       0041_6                         

  ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━☆‥…━━━☆・‥…━☆        

                                                                  

来た~(笑)と山本高広に真似されてる織田裕二。。

そして世界陸上の熱い織田裕二でもこの作品の中での彼は、いたってクール。

おさえた演技がカッコイイです。誘拐された子供を取り戻す為に、子供の母親と共に夫婦として行動する彼。

未亡人の母親との確執やがて事件を追い、行動を共にするうち、それが信頼へと変わっていく過程も見所です。

いつもアニキと呼ばれ、女性のファンの多い天海祐希さんも小田さんと同じく今回は違うイメージで勝負

娘をさらわれ、心乱れる、悲しい運命の守ってあげたい女性を見事に演じました。

お二人とも新境地を開いたのではないでしょうか~!

        0091_3

天海祐希さん、今回は役柄上、着飾った衣装とかはなく、ほぼコートとジーパンでしたが
      
コートから出てる足の細さにうっとり・・なんせ身長171cmですからね~
すらりとカッコイイわけね~。こうゆう女性っぽい役も、いけちゃうのね。オールマイティーだわ。           
オールイタリアロケとゆうことで、港町アマルフィの美しい風景も楽しめますよ。

全体的に、サスペンス仕立てで、最後まで楽しめると思います。

あと、もう一つのお楽しみは、音楽。

世界の歌姫サラ・ブライトマンが歌う「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」・・すばらしいです。

この歌、聴けただけでも満足・・そんな気持ちにさせてくれる、感動の歌声。

ストーリーと共に楽しんでいただけると思います。 ぜひごらんくださいね!

(おまけの一言)
いつも観てすぐに記事にできないのが、私の特徴です(笑)
皆さんに紹介する頃には、終わってたりして~ だったらごめんなさい。DVDで観てね。
この作品は、まだ大丈夫でしょう。家のほうではやっています。

| | コメント (0)

クヌート  可愛いね!   

ドイツのベルリン動物園に小さな命が誕生した。ホッキョクグマの赤ちゃんクヌートだ。しかし、母グマが育児放棄してしまったため、クヌートは人工哺育されることに。飼育係のトーマスの愛情を受け、すくすくと成長していくクヌート。一方、カメラは北極に暮らすホッキョクグマの親子や、ベラルーシの森林で母親なしで暮らすことになった二頭のヒグマの子供たちの姿も映し出していく。

原題:Knut and Friends  監督:マイケル・ジョンソン 脚本:テレザ・アルト、マイケル・ジョンソン
ナレーション:藤井フミヤ 製作国:2008年ドイツ映画 上映時間:1時間32分 配給:角川映画                              goo 映画 より 

         Main_large1

皆さん、クヌートのことは、知っていますか? 
ベルリン動物園で生まれ、母親に育児放棄され人工保育で育った2頭のうちの、生き残った1頭の赤ちゃんグマです。
残念ながらもう1頭は育たなかったようです。クヌートはきっと生命力が強かったのね。
私もニュースで知っていましたが、大きなスクリーンで観るクヌートの無垢で無邪気なその姿。
もう可愛くて可愛くて、ただただニンマリしてしまいました。まさに生きてるぬいぐるみのようです~♪heart
飼育係のトーマスさんを慕い、甘えて、後をチョコチョコ追う姿は観ているだけで、ハッピー
お水を怖がり、なかなか泳がないクヌート。。 
トーマスさんの腕を甘噛みしながら、安心して眠るクぬクヌート
とってもとっても可愛いです。
同時進行で北極の親子クマ・・そして母親をなくしたベラルーシの森林の2頭のヒグマの姿も追っていきます
そこからは生きることの厳しさ そして生命の力強さを感じます。生きる場所は違っても、みんな一生懸命生きてる。。その姿には感動します。
そんな彼らが絶滅しないよう、地球温暖化の問題、考えていかなければりませんね。
映画アースなどのほうがメッセージ性はあるとは思いますが、少なくても、小さな子供達が人気者のクヌートを知り、それがやがて地球温暖化の問題に興味を持つきっかけとなってくれたら、それだけでも、彼の存在は大きな意味があると思います。
そしてとても悲しい事ですが、クヌートを心から愛し、母親の代わりとなり立派に育ててくれた飼育係のトーマスさん。。
彼はもうこの世にはいません。去年、44歳とゆう若さでお亡くなりになりました
私はその事を知っていたので、映画を観ながら、とてもせつなかったです。
クヌートも、今まで見ていた彼の姿が見えなくなり、どんなにか彼を探し求めたかと思うと、悲しくてたまりません
今、クヌートに言う言葉があるとしたら。「トーマスさんが一生懸命救った命、大切にするんだよ。長生きするんだよ。」ってことかな・・・
世界中の注目を浴びるクヌート人気ですが、体も大きくなり、そのうちフィーバーぶりも落ち着くことでしょう。
でもみんなの胸の中には、トーマスさんと戯れる小さくでやんちゃなクヌートの姿がいつまでもやきついていることでしょうね。
そしてずっとずっと大好きだと思います。きっとこれからも世界中の方がトーマスさんの代わりに、クヌートを優しく見守っていくと思います。

映画としては、ドキュメンタリーですので、やや単調かもしれませんが、動物好きな私にとっては、可愛いクヌートの姿を見てるだけで大満足でした!
皆さんも可愛いクヌート、観てあげてくださいね。


(おまけの一言)
そうそう、藤井フミヤさんのナレーションも、なかなか良かったですよ。
落ち着いた語りで、思ってたより良かったです。
       

| | コメント (0)

ハリーポッターと謎のプリンス  みんな恋する年頃に!

        Img_0050_3 

ついに人間界にまで広がり始めた、闇の帝王ヴォルデモートの脅威。ダンブルドア校長は、かつてホグワーツで魔法薬学を教えていたホラス・スラグホーンを復職させる。「ホラスだけが知っているヴォルデモートの弱点を聞き出せ」とダンブルドアに命じられたハリー・ポッターは、ホラスに気に入られようと計画的に近づく。一方、ホグワーツの校内では思春期ならではの恋わずらいが多発。ハリー、ロン、ハーマイオニーらも恋の甘美さと苦しみを経験する。            
                       

監督
デイビッド・イェーツ  (出演) ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン
ジム・ブロードベンド
                              goo映画より

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━☆・‥…

今回は、三人の恋物語が中心のストーリーになっていた気がします。
事実、すごく成長して、みんな大人になってたものね~!
ハリー役(ダニエル・ラドクリフ )
彼は全体的に男っぽく、端整な顔の美青年になってました~
小柄なので、メガネをかけてるスクリーン上では、前のイメージですが・・
試写会などでは、最初の頃のハリーのイメージとは、かなり遠くなってます(笑)
ハーマイオニー役(エマ・ワトソン)
少女から大人の女性への階段を上り始めた感じのエマ。 背もスラリと伸び、美しくなってました。
実生活でも、恋の噂もチラホラと・・・だから輝いてるのかな~
今後、大学に行く予定もあるとかないとか・・まさに才色兼備の彼女らしい生き方ですね
ロン役(ルパート・グリント)
いい意味での茶目っ気を残しつつ、彼も立派な今時の青年へ・・
今回は、モテモ手の役でしたね~                                 
と、まあこんな風に大人になった彼らの恋模様に、月日の流れを感じ、
ある種、妙に感動したりしたのですが、そのせいでしょうか・・・
なんだか青春ラブロマンス映画を見てるような錯覚を覚え
正直、魔法の世界でのワクワク感は、あまり感じることができませんでした。
チビッコファンは、今回の作品、どう思ったかな? 
やはり物語は、始まる時が一番ワクワクしますね。いたしかたないことですが・・
私的にはあの9と4分の3番線から旅立つ時、賢者の石の時が一番ワクワクしました。
さて、いよいよ物語は最終章へと進んでいきますね。、
いつも心待ちにしている、世界中にいるたくさんファンの為に、
最終章が、よりすばらしく、面白い作品になりますように!

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »