« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

劔岳 点の記 見応えありました。おすすめですよ~!

 劔岳 点の記

     0112_2                                        

           .    ストーリー)
明治40年、地図の測量手として、実績を上げていた柴崎芳太郎は、突然、
陸軍参謀本部から呼び出される。「日本地図最後の空白地点、劔岳の頂点を目指せ」
当時、ほとんどの山は陸地測量部によって初登頂されてきたが、未だに登頂されていないのは
劔岳だけだった。柴崎らは山の案内人、宇治長次郎や助手の生田信らと頂への登り口を探す。
その頃、創立間もない日本山岳会の会員も剱岳の登頂を計画していた。
(監督)木村監督 (キャスト) 浅野忠信 役所広司  仲村トオル 松田龍平 宮崎あおい  
                       goo映画より                                                               

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・

強い絆で結ばれ、劔岳の頂点を目指した男達の物語です。この夏おすすめですよ。

陸軍参謀本部は何がなんでも一番に劔岳の頂点に初登頂したいとゆう、その名誉の為に・・・

測量手の柴崎芳太郎は、陸軍参謀本部より命令された事もありますが、日本地図最後の空白地点を埋めるとゆう純粋な使命感から・・

日本山岳会の会員達は、単に山を征服する喜びから・・・

それぞれにそれぞれの想いで、劔岳の頂点を目指します。

過酷な山のロケ、撮影はおもに立山連峰中心だったようですが、CGに頼らず撮影されただけあって、

リアルな山の怖さ、そして美しさが映し出されています。

瞬間的に顔を変える山・・本当にあなどれませんね。そんな時、頼りになるのが山の案内人。

純朴で彼ら測量隊を骨身を惜しまず支える案内人を、香川照之さんが好演してます。彼は本当にいい味を出す役者さんですよね~

やや反目し合いながらも、お互い山にたずさわる者として距離をちじめていく測量士と日本山岳会員

最後の相手をたたえる言葉を手旗信号で送る場面が、すがすがしく感度Y的でした。

私達は今日、簡単に地図を見、カーナビで何処へでも行ける時代に生きていますが、

その礎を命がけで築いてくださった方がいた事、忘れてはいけないですね。

山に登りたくなりました~ 山の好きな方は必見ですよ。まだでしたら、どうぞごらんくださいね。

山の厳しさ、山のすばらしさを、再認識させてくれた感動作品です。

男達の熱い想いも、私達を感動させずにはいませんよ。

(おまけの一言)
この映画は音楽もとてもすばらしいんですよ。
壮大な景色をバックに流れるのはなんとクラシック。これがまた山のシーンによくマッチングしてます。
使われてる曲は、「G線上のアリア」 ビバルディ「四季」  バッハ「幻想曲」
マルチェロ/オーボエ協奏曲  アルビノーニ「アダージョ」 ヘンデル「サラバンド」などです。
特に私がいいと思ったのは、ヘンデルの「サラバンド」 本当にすばらしい曲です!

宮崎葵ちゃんも、ご主人を理解し、応援する、可愛い奥様役を好演してました。

| | コメント (2)

今年の夏はなんだかね~!

皆さん、昨日の朝はびっくりしましたね~! 地震!
ガタガタと揺れる音で目がさめましたよ~。
と、言っても、震源に近い場所以外の方は、ピーンとこないでしょうが・・
関東の方は私と同じく、ええ~?って感じで目を覚まされた方もいるでしょうね。

大きな揺れのわりには、被害は少なかったようですが、
それでもお店の商品が落ちて、使いものにならなかったり、ケガをされたり
本が泥まみれになってしまったり、瓦が落ちたり・・・水が出なかったり。。
大変な想いをされているようですね。本当に心からお見舞い申しあげます。

今年の夏は、なんだかぱっとしませんね。
梅雨が明けたと思ったら、逆に雨が多くて、涼しい日が・・
日照不足で作物にも大きな影響が出ていますね。
そんな事してるうちに、立秋。夏がなくて、すぐに秋になるんでしょうかね~
なんだかそれも寂しいな~!
こうなってみると、ジリジリと暑く、蝉が鳴く、夏らしい夏が恋しいです。sun

考えて見ると春夏秋冬。。それぞれの季節を味わえる私達は、幸せですね。
今まで当たり前に楽しんでいたそれぞれの季節ですが
これからも大丈夫でしょうかね。今年の夏を考えると、心配しちゃいます。

温暖化問題とか、色々関係してるのでしょうかね。

きっと短い夏になると思いますが、その分楽しみましょうね!

| | コメント (2)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »